わが国の白米中の90Srと137Cs含量の長期間の推移


[要 約]
 白米中の90Srと137Cs含量は,ともに1963年にピ−クが認められ,以後漸減して現在に至っている。両核種の地域差は日本海側>太平洋側の傾向にあり,大気からの降下量と高い相関があった。白米への濃縮は90Sr<137Csの関係にあることが判明した。
[担当研究単位]農業環境技術研究所 環境管理部 計測情報科 分析法研究室
[部会名] 農業環境・環境評価・管理
[専 門] 環境保全
[対 象] 水稲
[分 類] 行政

[背景・ねらい]
  わが国における主要農作物の降下放射性核種,特に人類に対する影響が大きく半減期が長い90Srと137Csによる汚染の実態とその経年変化を把握し,現在と将来における環境・食料などの環境放射能汚染についての基礎的資料を得るために,1959年から1995年まで全国の国公立15農業試験場圃場で生産された白米の90Srと137Csの分析結果について検討する。
[成果の内容・特徴]
  1. 白米中の90Srと137Cs含量のピ−クは1963年に観測された(図1)。この時期は1951〜1958年と1961〜1962年の両期間に頻繁に行われた大気圏内大型核爆発実験の影響を強く反映したものである。以後両核種とも漸減している。その含量(mBq/kg)は,ピ−ク時で90Sr:270±145,137Cs:4183±2437であり,1995年時点では90Sr:5±3,137Cs:46±58となっている。
  2. 白米の90Srと137Cs含量に地域差が認められ,ともに日本海側>太平洋側の傾向を維持して推移している。この地域差は両核種の降下量が日本海側>太平洋側の関係にあるためである。しかし,137Csでは両核種の大気からの降下量が少なくなった1970年代後半からはこの傾向は認められなくなっている(図2)。
  3. 水稲栽培期間(6〜10月)の大気からの90Srと137Csの降下量と白米中の両核種の含量(90Srは1959〜1995年,137Csは1961〜1995年を対象)との間には高い相関が認められる(図3)。ちなみに,チェルノブイリ事故(1986年)により多量の137Csが地球上にもたらされたが,水稲栽培期間中には137Csの降下がほとんどなく,影響は認められなかった。
  4. 137Csと90Srの放射能比(137Cs/90Sr)については,大気からの降下放射能比は約1.9といわれている。しかし,水稲を通じて白米へ移行した137Cs/90Srの比は,多量降下期(1962〜1964年)では15,同極少量降下期(1992〜1995年)では3.4であった(図1)。これは,137Csが大気から水稲を通じて移行する過程で90Srより多く白米に濃縮されることを示している。
[成果の活用面・留意点]
 これらの成果は,90Srと137Csのバックグランド調査として重要であるばかりでなく,土壌−米−人系における移行に関する計算モデルや放射線被曝線量評価の基礎資料となる。

具体的データ


[その他]
研究課題名:土壌並びに農作物中の降下放射性核種の分析及び研究
予算区分 :原子力
研究期間 :平成11年度(昭和58年度〜)
協力・分担:北海道,東北,北陸,秋田,新潟,石川,鳥取,宮城,茨城,埼玉,東京,山梨,
      大阪,岡山,福岡の各国公立農業試験場
発表論文等:水田土壌から白米への移行係数,クロスオーバー研究シンポジュウム論文集,
      原子力研究所(1996)
目次へ戻る