農業環境技術研究所お知らせシンポジウム・研究会・ワークショップ

農業環境技術研究所30周年記念シンポジウム
21世紀の農業と環境
(2013年12月13日 東京)

独立行政法人農業環境技術研究所は、12月13日(金曜日)午後、新宿明治安田生命ホールにおいて、農業環境技術研究所30周年記念シンポジウム 「21世紀の農業と環境」 を開催します。

開催趣旨

農業環境技術研究所は、昭和58年12月に発足し、平成13年4月の独立行政法人化を経て、本年、創立30周年を迎えます。これを記念して、農業環境シンポジウムを開催し、有識者からアジアモンスーン地域における農業環境に関する講演をいただくととともに、当研究所の研究活動について報告・紹介し、各方面の有識者によるパネルディスカッションにより、21世紀の農業環境研究について議論します。

開催概要

日時: 平成25年12月13日(金曜日) 13時−17時15分

開催場所: 新宿明治安田生命ホール (JR新宿駅西口徒歩3分)
(新宿区西新宿1-9-1 明治安田生命新宿ビルB1F)

主催: 独立行政法人農業環境技術研究所

後援: 農林水産省農林水産技術会議事務局

参加: 無料
事前参加登録の受付を終了しました。
当日、会場での参加登録もお受けしますので、未登録の方は会場受付にお知らせください。

ポスター画像
農業環境技術研究所30周年記念シンポジウム
開催案内ポスター
(PDFファイル 1.6 MB)

プログラム

13:00−13:05 主催者挨拶

宮下 C貴 (農業環境技術研究所理事長)

13:05−13:10 来賓挨拶

農林水産省農林水産技術会議事務局 

基調講演

13:10−14:00 Future Earth: アジアの環境研究における意義

安成哲三 (総合地球環境学研究所所長)

特別報告

14:00−14:40 農業環境における放射性物質のモニタリングと動態解明

谷山一郎 (研究コーディネータ)

研究トピックス

14:40−15:05 温暖化に挑む、温室効果ガス発生制御技術のこれまでとこれから

秋山博子 (物質循環研究領域)

15:05−15:30 多様な生き物と共存する、里山・ビオトープから世界農業遺産まで

楠本良延 (生物多様性研究領域)

15:30−15:55 食の安全を守る、低カドミウム米の開発

石川 覚 (土壌環境研究領域)

15:55−16:10 休憩

16:10−17:15 パネルディスカッション 「21世紀の農業環境研究」

座長: 宮下C貴 (独立行政法人農業環境技術研究所理事長)

パネラー:

加藤弘道(茨城県農業総合センター長)
小ア 隆(首都大学東京教授)
小林優子(NPO法人田舎のヒロインわくわくネット理事長)
松永和紀(サイエンスライター)
吉田謙太郎(長崎大学教授)

17:15     閉会挨拶

長谷部 亮(独立行政法人農業環境技術研究所理事)

事務局・問合せ先:

〒305-8604 茨城県つくば市観音台3-1-3
(独)農業環境技術研究所 企画戦略室

電話:029-838-8180

シンポジウム・研究会・ワークショップのページ
農業環境技術研究所トップページ