農業環境技術研究所お知らせシンポジウム・研究会・ワークショップ

第32回土・水研究会
農業分野における反応性窒素(Nr)過剰問題とフローの適正化への取り組み
― グローバル〜圃場まで ―

(2015年2月27日)

独立行政法人農業環境技術研究所は、2015年2月27日(金曜日)、農業環境技術研究所大会議室(つくば市観音台)において、第32回土・水研究会 「農業分野における反応性窒素(Nr)過剰問題とフローの適正化への取り組み −グローバル〜圃場まで−」 を開催します。

開催日時: 2015年2月27日(金曜日) 10:00−16:30

開催場所: 農業環境技術研究所大会議室(本館2階)
(茨城県つくば市観音台3−1−3)( 交通案内

主催: (独)農業環境技術研究所

後援: (独)農業・食品産業技術総合研究機構

参集範囲: 国公立試験研究機関、独立行政法人、大学、行政部局、民間団体等

参加: 参加無料

事前参加登録は終了しました。
会場での参加登録も行いますので、未登録の方は受付にお知らせください。

開催趣旨

窒素は農業生産にとって重要な肥料成分である一方、農耕地への窒素施肥は、強力な温室効果ガスである一酸化二窒素の発生、地下水の硝酸性窒素汚染や閉鎖性水域の富栄養化等の環境問題に深く関与しています。また、我が国においては、畜産廃棄物・汚水中の窒素は、水質汚濁・温暖化問題にとって重要ですが、これらは主に海外で施肥し栽培された飼料中の窒素に由来し、その適切な循環利用が求められています。

環境に影響をもたらしやすい窒素形態(アンモニア性窒素、硝酸性窒素、一酸化二窒素など)は、反応性窒素(Nr)と呼ばれることがあります。工業的窒素固定法が実用化して以来、安定な窒素ガスから窒素肥料が生産できるようになり、陸域生態系に負荷される反応性窒素はこの100年間に倍増しています。反応性窒素の過剰は、今、地球レベルで看過できない問題としてとらえられつつあり、その実態解明と管理に関する国際的な動き(OECD、INIなど)が活発になってきています。

本研究会では、窒素管理に関する最新の国際的な動き、国レベルの窒素等のフロー、肥料資源ガバナンス等についての研究成果とともに、窒素負荷に関する日本の耕種農業・畜産業の特徴、家畜排泄物等有機資源の循環利用等に関する研究を紹介し、グローバル〜圃場までの窒素問題にどのように向き合うべきかを展望します。

プログラム(講演予定者と予定演題)

10:00−10:10 挨拶

農業環境技術研究所 理事長 宮下 C貴

10:10−10:20 開催趣旨について

 農業環境技術研究所 阿部  薫

10:20−11:05 アジアの食料需給に伴う窒素の流れと環境負荷、将来予測

山梨大学   新藤 純子

11:05−11:50 土壌の窒素肥沃度はどう変わってきたか?

農業環境技術研究所 三島慎一郎

11:50−13:00 昼食

13:00−13:45 窒素負荷から見た日本の耕種農業の特徴

農業環境技術研究所 江口 定夫

13:45−14:30 家畜ふん堆肥等施用と化学肥料施用の LCA、環境影響の経済評価

農研機構・近畿中国四国農業研究センター 志村もと子

14:30−14:45 休憩

14:45−15:30 日本の畜産業を巡る窒素フローの問題点と改善策・今後の展望

北里大学   寳示戸雅之

15:30−16:15 世界の中の日本として窒素問題にどのように向き合うべきか

農業環境技術研究所 林 健太郎

16:15−16:30 質疑(全体)

事務局・問合せ先:
〒305-8604 茨城県つくば市観音台3-1-3
(独)農業環境技術研究所 土壌環境研究領域 阿部 薫
電話・FAX: 029-838-8322 
E-mail(事務局): tsuchimizu@niaes.affrc.go.jp

シンポジウム・研究会・ワークショップ
農業環境技術研究所